◆ 麦緑素とは
大麦若葉を搾った青汁は、私たちの健康にとてもありがたい自然の恵みですが、問題は青汁の長期保存ができないことでした。生の青汁は傷みが早く、冷凍庫などで保存してもすぐ変色し、味も落ちてしまいます。少しでも青汁の活性を保ったままで長期の保存ができないだろうかと研究を行いました。この問題を解決したのが1969年、萩原義秀医学博士の発明によって誕生した大麦若葉エキス 麦緑素だったのです。
麦緑素は、搾汁された大麦若葉の新鮮な青汁を、熱を加えずにスプレードライで粉末化させる「活性保存製法」という独自の製法でうまれました。青汁を加熱せずに粉末化するという画期的な製法で生の青汁がいつでも、どこでも手軽に味わえるようになったのです。アクティーグリーンに含まれている麦緑素(大麦若葉)の大きなポイントは何を言っても「生」の青汁であること。エネルギッシュで新鮮な大麦若葉そのものの色、味、品質が生かされたエキスには、私たちの健康に欠かせない栄養素や有用成分が含まれています。今では様々なタイプの大麦若葉の青汁が販売されていますが、本来の青汁の効力をアピールできる商品はごくわずか。同じ素材でも製品によって商品の特性が大きく違ってくるのです。確かな品質とともに、本当に自分のからだに合った青汁を選ぶことが大切です。

麦緑素とは麦緑素の商品には・・・
麦緑素は、こだわりの大麦若葉「赤神力」を搾汁し、その新鮮な青汁を活性保存によって生のまま粉末化した健康補助食品のとしての目印です。
※「麦緑素」は日本薬品開発株式会社の登録商標です。

◆ 麦緑素に含まれる主な栄養成分

酵素

ビタミン

ミネラル

フラボノイド

クロロフィル

たんぱく質

ペプチド

アミノ酸

機能性の詳細はこちら(日本薬品開発株式会社ホームページへ)


◆ 麦緑素とは
 簡単に言えば麦の若葉のエキス末(青汁末)です。正確に言えば裸麦の若葉のエキス末です。
 麦の中でもこの裸麦がもっとも有効成分を多く含んでいる。
 それも、バランスよく含ま れている。そして熱を加えず常温で繊維質を取り除いてあります。
 生の野菜そのものです。

◆一般に青汁の条件として挙げられるのは次のようなものです。
  1緑色が濃いこと。それだけタンパク・ミネラル・ビタミンが豊富である。
  2毒性がなく、清浄であること
  3質と味がよいこと
  4生き生きとして生長力旺盛なこと

◆ このような方に
● 野菜食の少ない方や野菜嫌いの方
● 肉類・油物をよく召し上がる方
● 外食が多く偏食しがちな方
● 健康維持を心がけておられる方
● 元気になりたい方

◆ 飲み方
健康補助食品として、1日3スティックを目安に粉状のままお飲みいただくか、お水等に溶かしてからお飲みください。お好みによって、水で溶かしたアクティーグリーンの中にハチミツや牛乳等を加えてお飲みすることも可能です。
※お湯に溶かしてお飲みになる場合、一部の酵素等の成分の活性が低下して固まることがあります。